本文へ移動

社協会費のお願い

社協会費のお願い

私たちが暮らしている一戸町には、一人暮らしの高齢者、障がいを持っている人など様々な人が暮らしています。
私たち社会福祉協議会は、ひとりはみんなのために、みんなはひとりのためにをモットーに地域での支え合い活動を支援し、地域の皆さまと協力しながら、「人にやさしい福祉のまちづくり」を目指して活動しています。
それには安定した事業資金の確保が必要となってまいります。町民の皆さまにお願いする社協会費は、今後ますます重要性を増すボランティア活動や子育て支援事業などを展開するときの資金として、また、公的なサービスだけでは補いきれない部分の福祉事業に活用させていただきます。
何卒ご理解いただきまして、多くの皆さまが会員としてご協力いただきますようお願いいたします。

会員の種類と会費額

会員種別 会費額(一口)
世帯会員 町内にお住いの全世帯 800円
特別会員(世帯) 町内にお住まいの方 2,000円
特別会員(法人) 町内の企業・事業所 2,000円
団体会員 町内の団体や施設 7,000円
賛助会員 町外にお住まいの方 12,000
*上記の金額でお願いします。1世帯何口でも加入できます。

会費の納入方法

一戸町に住む全世帯の皆さまに、社協会員にご加入いただき、地域ぐるみの福祉活動にご協力をお願いしております。
行政連絡員(班長)が各ご家庭を訪問し、会費募集いたします。また、町内会費より一括で納入される地区もございます。

なぜ会費を納めるの?

「障がい者や高齢者のことは、役所の仕事。そのために税金を払っている・・・。」
確かに住民の福祉向上は、行政最大の目的であり責任です。しかし、行政でできる福祉は大多数の問題を優先しなければなかったり、また福祉行政以外のことにも取り組まなければならず、施策の対象からもれてしまう人がいます。
ちょっとした手助けとあたたかい気持ちで笑顔が取り戻せることがたくさんあります。
社協はそんな支え合い活動の推進をしています。
社協会員として会費を納めることは、福祉活動の安定した運営のための財源として役立ち、またみんなで築く福祉のまちづくりへ参加していることになるのです。

令和元年度社協会費納入実績

社協会費の使いみち

・歩行が困難な方の通院をサポートする外出支援サービス
 
・在宅の調理が困難な方への宅配食事サービス
 
・お金のことから育児・介護のことまで何でも相談事業
 
・町内小中高生の福祉教育
 
・町内の乳幼児へのチャイルドシート無料貸し出し
 
                         など
社会福祉法人
一戸町社会福祉協議会
〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸字砂森93番地2
TEL:0195-33-3385
FAX:0195-33-2737
-----------------------------------
TOPへ戻る