本文へ移動

暮らす

ふれあい・いきいきサロン

ふれあい・いきいきサロンは、外出機会の少ない高齢者や障害のある方、子育て中の方など、地域にお住まいの方が気軽に集まっておしゃべりや趣味活動を行える「集いの場」です。住民同士の情報交換や孤立予防などを目的に、一戸町内で約25か所のサロンが開かれています。
一戸町社協では、 サロン参加者お一人当たり100円の助成を行っています。また、サロンの立ち上げや運営に関する相談等、支援も行っていますので、興味をお持ちの方は、一戸町社協までお問い合わせください。
 一戸町社協によるお手伝い
・サロンを開設するまでのさまざまな相談をお受けします!
・運営の相談とアドバイスを行います!
・住民へのPRを行います!
・サロンへの参加などのお問い合わせ窓口を担います!
・サロンのお世話役と協力して、参加者同士の情報交換や交流の場を作ります!
・サロンでのプログラムの企画、イベントのための特技を持つボランティアをご紹介します!

一戸町社会福祉協議会 地域福祉活動計画

 一戸町社会福祉協議会は、「地域福祉活動計画」を策定しました。地域福祉活動計画とは、社会福祉協議会が実施する地域福祉活動を計画的に進めるための中期計画で、一戸町地域福祉計画等と協働しながら進めていく計画です。計画実行を通し、地域支えあい活動充実、ボランティア活動促進、相談支援体制強化、福祉サービス充実などに取り組んでいきます。
 
≪基本理念≫「誰もが互いに尊重しあい、安心して健康に暮らすことのできるまちづくり」
≪基本方針≫(1)安心・安全な暮らしを支える環境づくり
      (2)地域福祉を担う人づくり・地域づくり
      (3)福祉サービスを利用しやすい仕組みづくり
≪計画期間≫ 平成28年~32年(5か年計画)
 各地域で行われている地域福祉事業(伝統文化伝承活動、奉仕活動、世代交流活動等)に対して、3年間指定で上限5万円の助成金交付(1年あたり)を行い、事業継続、活性化を図ることを目的とします。助成先は、各地域団体(町内会、公民館、ボランティア団体等)、小中学校、福祉団体が対象となります。ゆいっこ活動助成事業は、赤い羽根共同募金配分金事業です。

民生児童委員活動支援

民生児童委員は、民生委員法に基づき、厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員で、地域を見守り、地域住民の身近な相談相手、専門機関へのつなぎ役です。自らも地域住民の一員として、担当の区域において高齢者や障がいのある方の安否確認や見守り、子供たちへの声かけ等を行っています。また、地域の方からの福祉に関する相談に応じ、相談内容に応じて、必要な支援が受けられるよう、専門機関とのつなぎ役になります。一戸町内には、63名の民生児童委員、3名の主任児童委員が活動しています。一戸町社会福祉協議会は、民生児童委員への必要な支援、援助を行うとともに、一戸町民生児童委員協議会事務局として、民生児童委員を支えていきます。
 
※民生委員・児童委員の詳細については、全国民生委員児童委員連合会ホームページもご参照ください。
社会福祉法人
一戸町社会福祉協議会
〒028-5312
岩手県二戸郡一戸町一戸字砂森93番地2
TEL:0195-33-3385
FAX:0195-33-2737
-----------------------------------
TOPへ戻る